FC2ブログ
弥の日記~外出、ラーメン、サッカー(栗鼠中心、マドリー、日本代表)~
行った覚えがラーメンや遠出、登山、そして、気が向いたら見た試合をTwitterで呟いた事と連動させて試合を振り返りたいかなと

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事の投稿が一番上に来るようにわざと日にちを弄ってます

フレンド募集も兼ねて貼っておきます

これを書いている時は埋まってないですのでちゃんとインしてる方のみですが申請も受けます

埋まってても放置のフレも居ますのでアプリかこちらにコメント下されば対応もします

デレステ




アトリエクエストボード(やっですが前のスマホで引き継ぎ失敗してログインがかなり落ちてます)



... 続きを読む
スポンサーサイト
新年を明け本日、新体制発表がありました

ここで昨年のクラブとしてでなく個々としての自己評価をと

5段階だと良し悪しが分かりにくいので10段階評価として

まずは監督編

渋谷さん
2
キープ力がありタメを作れ前に運べ点も取れる二人の放出に茨田、大前、瀬川と違うタイプの加入で改変を求められる中でプレシーズンから新たな形が見えずそのままリーグが始まり開幕六連敗
チーム状況、新加入選手の見定めが出来ず仕舞いに
ダービーで勝ったことも解任のタイミングを遅らせる事になり今思えばあそこで負けてたらもっと危機感を選手だけでなくフロントにもアピール出来たのかもと勝った事さえマイナスに見えてしまう

伊藤さん
3
選手の個性を考えなのか連動性をより求めたがそれにより運動量不足から毎回、試合途中で勢いの失速が目に見えてわかってしまうこと
決め手がなくボールロストに悪さが目立ち寄せの甘さからバランス崩壊してスタミナ切れるまで耐えれば勝てると言う印象を与えてしまった

最初は交代での目新しさとスパイスで運動量で勝れた時にはなんとか勝ち点を拾えたが続くオプションがなく上にも書いたスタミナ切れからの失速感を更に感じるようになってしまった

求めたのは連動性でもそれには伊藤さんの目指す所では運動量も伴っていたにもかかわらず目を瞑りスタミナのない茨田と心中
運動量がありロングスローと言う武器のある岩上や在籍も長く連動性をより求めるにはうってつけの横谷をベンチに置くことが多く選手の見定める力にも疑問しか残さなかった

新加入選手のフィットにも失敗し降格まっしぐらになってしまった

石井さん

流石に3試合では判断がまだまだ出来はしないものの起用用には疑問も多く今季も率いてとなると開幕数試合はしっかりと見定めなくてはと思ってしまう
マルセロのボランチ起用に試合感のないアーリアの適正はあるが一番の場所かは…の前線起用
他にもあるが続投ならとりあえず今季の開幕数試合までにどこまで変化してるかが最初の評価を出す時期かなと

戦術どうこうもだけどまずは共通したマイナス面はまずはどうやって点を取るかが見えてこなかったこと
どんなに中盤の構成力が上げても(上がったかは置いといて)前である程度は取れなきゃ戦うのは厳しいのは当たり前
そこで攻め手がなくてはあとは失うだけで相手にいい攻撃をスタートさせてしまうだけ
しっかり決めれなくてもフィニッシュさせる攻撃が出来なかったのが一番の失敗
そして、球際、寄せも遅くて甘かった
それでは90分あるなかでいつかやられるのが目に見えていた

石井さんにはしっかりと終わりがある攻撃をチームとして出来るようにしてほしい

長くなるのでとりあえず監督はここまで

次は選手を
まずGK

加藤
5,5
序盤は塩田とスタメン争いをしたりで正GK争いで出たり出なかったりだったが途中からはずっと正GKでチームを何度も救う今季のチームMVP候補
危なげないプレーもあるが大宮に来てからは昔みたいな曖昧、中途半端なプレーも減り居なかったらもっと早く降格が決まっていたかもしれない
ただ本来ならシーズン通して怪我や累積以外で出場出来てないと言うのは今後の期待として0,5マイナスに

塩田
3
シーズン開始時はスタメン争いをしていたが昨年程の安定感を見せられず期待外れなシーズンに
ポジショニングの良さも速攻を喰らうことも昨年より多く瞬発力で加藤、松井に劣る面から必然的に第二GKに
ただ加藤の怪我や累積を考えても塩田が居ると言うことは一つの安心感にも繋がってはいるので少し高めに

松井
4
加藤、塩田に続いて第三GKでこのレベルの選手が在籍してくれていることはかなり大きく監督交代で出番が来るもその牙城は崩せず
それでも存在感は示してくれたのはと思い少し高めに

GK全体としての今季の評価はただJ1全体としては層はあるが実力を含めたら真ん中位にあたると思う
加藤が奮起してくれた試合が多かったのが印象的だった

DF
菊地
3.5
ディフェンスリーダーとして最低限はやってくれたが厳しい内容の中、怪我で留守にすることも多くまたバランス崩壊した中盤やサイドを無理にカバーしようと前にサイドに自分のポジションを離れそこを突かれる事も多く空回りすることも
もっと出来ることを知ってるからこそ厳しくなってしまうがそれでも強さや経験はチームを助けることもあり評価点をここらへんに

河本
3.5
強さに経験と出たらある程度は示してくれたがいかんせん離脱が多かったのはチームとしてはかなり痛かった
菊地に河本、二人とも居ないとなると柱となるCB選手が若手でまだまだ不安が残る事も多くここらへんに

山越
4.5
まだディフェンスリーダーとしては物足りないがJ1でもある程度はやれることは示してくれた
怪我も上の二人に比べ少なくチームで一番いい経験が出来た選手なのかなと
強さはチーム1なのでもっとそれを生かせるようになれればと上の二人をそろそろ脅かして万全な状態でもスタメンになれると思うので期待を込めてCBで1番高く

高山
3
成長は見えたがそれでも第4CBの座のままなのが物語っているシーズンに
経験不足もあるが去年、一昨年みたいな目も当てられないシーンも少し減り昨シーズン開始時より期待値は上がってはいる
SB起用もあったが台所事情によりで評価としては省くがそこで明らかなスタミナ不足も露呈したので一つの課題として90分戦える選手になってほしい

渡部
4
開幕前から奥井のバックアッパーという扱いであり最後までそれは変わらなかったが怪我やらで出場が出来ない時はタイプが違うので同じ役割としてではないが最低限以上はこなしまた逆サイドも少ないが内容だけみたら奥井だけでなく和田と両方のバックアッパーとしても数えられ貴重なピースではあったがこのチーム状況でそれでも牙城を崩せずバックアッパーに留まったので4に

和田
4.5
毎年恒例の怪我を考えても個人としては出場も多く左SBの第一候補は譲らずある程度はいいシーズンだったかと
タイプとしてはSBと言うよりWBなのでディフェンス時、裏を突かれる事も多く恐さがあるがそれでもいるといないとではな一人
恒例だが怪我とチーム状況で本来の力を出し切れなかったと思い評価もここらへんに
今季は居ないのが少し残念

大屋
2
怪我の多い和田の代わりは絶対で途中で移籍した沼田に攻撃面やスピードで劣るが安定感にしっかり上がったりとポジショニングではある程度、優り開幕当初はスタメンだったが和田の復帰や沼田の存在から結果を残せず途中で移籍した沼田の半分以下の5試合と不甲斐ないシーズンに
バックアッパーとして去年はよかっただけに残念の一言

奥井
4,5
から回る事もあるがそれでも勢いのあるプレーでサイドから上下に頑張ってくれたがそこに去年一昨年までのSHの相方が江坂、横谷でなく茨田とタイプの違う選手でフィットせず空回りが多いモヤモヤしたシーズンに
もっとチームが戦えていたらと

全ポジション、途中で移籍や出場が少ない選手は省きます

で、MF

大山
3
一昨年のシーズン終盤の勢いはないにもかかわらず倍以上の出場数で得点アシストとほぼ同じ数字は本人も物足りない所ではないはず
途中加入のカウエの存在や茨田のボランチ起用が増え終盤はベンチを温める事も
もっと攻守で試合に絡めるようにならないと今季は更にきついかもしれない

横谷
4
江坂を前線に上げたことでレギュラーは確定と思われたが大前、茨田で厳しいシーズンに
リズムは一番作り出せたが何せチャンスが少なく厳しい状況を打開出来るだけの力はなくただただチーム事情に巻き込まれた形に
もっとこの人を生かせたらもう少しは変わっていたかもしれない

マテウス
6
ホントはもっと高いがチーム状況が状況なので
この人が居なかったらもっと早く降格が決まっていたと思われる選手の一人
どんな時も諦めない姿を一番示してくれた選手
危機感で空回る事もあったがそれでもこの人が居たら何かしてくれると唯一思わせてくれた

金澤
4
埼玉ダービーの影の立役者も幅を利かせられるプレーエリアが狭く守備では大事な駒だがチーム状況としては今年はそういう選手を必要とした年ではなかっただけにいいチームに居たらまた違った結果を残してたんじゃないかと
それだけに出場数は少ないがこの評価点で

アーリア
2.5
中盤に前線と色々とプレーしてくれたがどこもフィットせずチームの状況を物語る選手の一人に
そもそもここまで出場数が多いのが一番の驚きでもある

カウエ
5
途中加入ながらのこの出場数
まだまだチームとして連係もだしJにも対応出来ていなくレフェリングにも苦しみ累積や退場も
ただセンスや強さは一人ずば抜けているだけにどうにかフィットさえしてくれれば1、2を争う位に期待出来る選手

茨田
3
センスはあるが仕掛けやスイッチを入れて欲しい選手なだけに印象に残ったのが埼玉ダービーのゴールだけでアーリアと同じでチーム状況を物語る選手の一人と言っていい
リーグ中盤から終盤はシーズンを戦うだけの体力、90分を戦うスタミナのなさ目立ち連動性を求めた伊藤監督時の中盤のバランス崩壊の原因にも
ポジショニングの悪さをより目立ってしまった
失敗が多くてもいいからもっとオンザボール時、攻めた選択肢をしてくれればロスト時のポジショニングの悪さや印象も変わったと思う
加入時の契約で出場数かスタメン確保が付いてるからしょうがなく出してるとさえ言われてしまった位に残念なシーズンに

岩上
4.5
なんでこの選手がもっとスタメンで出れなかったのか不思議でならない
特に連動性をより求めた伊藤監督は初の今季の連勝時もこの人が居たからで茨田、横谷程のセンスはないがスタミナも上の二人よりありロングスローと言う武器は唯一無二で伊藤監督が何故に使わなかったのか不思議でならない


で、FW

瀬川
4
怪我での離脱が大きかった
万能アタッカーとしてスピードも得点力もあっただけにチーム事情としてもサイドに前線と活躍の場が多かっただけにオプション一つが丸々なくなってしまう位に
終盤やっと出れるようになったがボロボロのチームでは後の祭り
もう少しサイドより前で使ってあげたかったなと

清水
3
カップ戦でそこそこ活躍したがリーグではそこまで出れず不完全燃焼
江坂より清水のが適正としては前線は合っていたと思うだけにもっとちゃんと使って貰えたらとただただ…

大前
3.5
起用法に泣かされたシーズンかなと
渋谷監督時は前線、伊藤監督時はSH
渋谷監督時はムルジャ、ネイツのが前線としては役割をこなせたのでスイッチ役としてSHのが向いていたと思うし伊藤監督時はフワフワすることも多く4141は難しい感じに思えた
CFタイプじゃなく横も同じくで少し役不足感はあったので適正を見極められる監督に使って欲しかった

江坂
2
チーム得点王だがそれも最下位のチーム
前線で使うにはキープは出来るがポスト役としては役不足
それに前を向かせてプレーさせたらな選手に後ろを向かせるように預けてなんて事をあれだけさせたらこうなるのも分かってるはずなんだけど…
一番、起用法に泣かされ一番、らしさを出せなかったチーム状況を物語る選手の一人
もっと出来るだけになんとかしてあげたかったがそれを許さない起用法は見てて余計に辛かった

マルセロトスカーノ
3.5
言い方は悪いが明らかな劣化版ムルジャ
攻守で動き回ってくれたがムルジャ効果的でなく前線であれだけ使われての得点数ではかった
ボランチ起用もあったりと便利屋扱いも…

個々での評価はこんな感じです


全体的に監督がチーム状況や選手の適性の見極めを出来ずそのまま足掻きもせず落ちていった印象

キッカーも多くある程度、強さもありロングスロー等の武器がありながらセットプレーでは得点も少なく逆に失点が多く目をあてられない一つの降格の原因に
練習してますか?って何度かTwitterでキレた覚えがある(苦笑)

こんな状況なのに危機感を感じてくれる選手もほぼいず悲壮感を感じさせてくれる選手ばかりでメンタル系のカバーはどうなってるのかも不思議でならない

失敗してもいいからもっと攻めの姿勢を示してくれる選手がいなければJ2でも戦えたもんじゃない

ここからキャンプやら始まるがしっかりと戦えるチーム作りを取り組んでほしいです
こういう記事を少しづつ書いていけたらと思い、まずはよく把握している大宮の今季についてを書きたいと

まず昨年、チーム最高成績を残し今年はaclを目標に掲げたシーズン

チームは瀬川、大前、茨田等、これだけ見たらいい補強をした印象が強いが去年までのチームの柱の二人、家長、泉澤を放出

家長はフリーマンとしてサイド、前線、中盤を自由に動き各選手を繋ぐ役割に自分もフィニッシュに絡んだり溜めを作ったりとチームの欠かせないピース

泉澤もサイドで唯一無二の技の持ち主
ゼロヒャクは一見、止まってしまうので相手に時間を与えてしまうがわかっていてもその後の動きはJリーガー相手では相手を出し抜く事が出来る必殺技とも言える

この二人、実は守備はそこまでと言われているがそれはオフザボールでの話で二人のオンザボール時の動きがかなり守備でも重要な役割を担ってたことに居なくなってチームは気付いたと思う

溜めを作れた家長もゼロヒャクで止まった泉澤も確かにそこで進行を少し止めてしまっているがまずボールロストの少なさもあるがそれよりもこの止める動きが相手だけでなく味方にも時間を与えてスペースや相手の動きやら把握する時間も作ってくれているので高さや強さのある菊地、河本にとってもカウンターを喰らうことも少なくもし奪われてもその溜めで普通のボールロストより余裕が生まれるのがかなり大きな昨年の失点の少なさと言える

それはたとえで出した後ろだけでなく中盤もかなり助けられていた

で、その二枚を失いプレシーズンも形が見つからないままに始まった今シーズン

数字上では得点は物足りなかったが前からの効果的で献身的なプレーでチームを支えたムルジャが怪我や新加入での大前に序列で負けまた去年SH起用の多かった江坂をチームの新エースととらえ前線に置くことで最初は物珍しさや対応もそこまで進んでなくある程度は勝てないながらやれているように見えてしまった

そこまでならまだ修正はできたのだが大前、ムルジャ、瀬川と離脱が多く江坂以外は前線ではシーズン前半、フルで参戦出来た選手も少なかったのもフィットの時間が取れないととらえられたのかそこまで危機感をチームとして受け取っていなかったと思う

そして、中盤も前の時間を与える攻撃や効果的な前線でのプレスも薄まり昨年までの中盤の柱、横谷も新加入の茨田の存在でベンチで過ごすことも増え噛み合わずフィットしてない前線のツケをそこまで運動量があると言えない中盤に負担がいきまたここもシーズン始めはフレッシュで動けてただけにここでもフィットしたらと長い目で見てもと思ってしまったように感じる

代えの利かない者の判断をフロント、監督と理解するのが遅すぎてしまった

今まで支えていた選手の役割不在をどうするかも見えないままそこからズルズル行きホームでのダービー

多分、ここで負けてたら即解任もしくは辞任になっていたと思うが大胆に今までの守備の戦術を変えそれがこの戦いではダービーのモチベーションと重なったのか功を制し茨田のゴラッソ一発を守りきり初勝利をしてしまう

ただそれも変化がそこまであったとは言えずまたダービー程の熱も開幕時程のフレッシュさもなくそこで止まってしまった

そこから数節
渋谷さんが辞め伊藤さんが昇格で監督に就任

その時は自分は繋ぎ監督として数節したら新たに監督が来て伊藤さんはユースに戻すと思っていたがそれは大間違えであった

ここからはシステムを変えより中盤に連動性を求めて行ったが上に書いた溜めを作れる選手がいなく速攻頼みで監督交代のドーピングプラス運もあり勝利も手に入れられたがそれもここまで

どんな劇薬も切れる時が来るし変えた事も結局の溜めを作れず目指していた多攻も速攻頼みを打開出来ず分析も簡単にされ八方塞がり

連動性も運動量がない中盤が前半途中で毎回足が止まり連動と言う名の乱れた中盤を誰も埋めれずそれを無理に最終ラインが出ていき高くて強い菊地、河本が共にセンターに留まれず強みも出せない状況を簡単に相手に作らせる事をずっと続けていきました

この間、マルセロ、カウエ等の加入もあり戦力的には格段に上がったにも関わらずマルセロでなくこの段階でも未だにフィットしてない江坂の最前線を崩さず連係もまだまだなカウエに無理矢理アンカーを任せてしまう

カウエ自身、ポルトガルでリーグ屈指のボール奪取を誇りセンスやフィジカルに優れていた為にそれをなんだかんだでこなせてしまったがやはり連係が取れない中で上にも書いた連係不足に連動性と言う名のバランス崩壊までは一人でカバー出来ず…

そして繋ぎと思われていた伊藤さんをバランスが取れず何も出来ないまま残り三節になるまで引っ張ってしまった

改善点は沢山ある

ただそれは練習だけでは新監督になりやり方を変えていくのかそれとも改善点を一つずつ解決していくのかも次の日曜のキックオフを待つしかわからない

どう現状を見極めて地力残留の出来ないチームを新たに率いる石井さんは指揮するのか栗鼠サポは見守るしかない


長々と書かせて頂きましたが自分の思ってない風な書き方もしている所もあり難しさを感じましたがある程度、クラブ、監督のチームへの見定め、見通し打開策を気付かず打ち出せずにここまで来た事は書けたのかなと思いそのまま載せてみたいと思います

次の試合までにここまで来る前にこういうことを試してほしかったや石井さんの就任会見でのクラブの見通しの曖昧さについても書けたらアップしたいと思います

2017.06.11 ラーメン×2
先月、行ったので

まず、晴



ネギwww

それは置いといて友達が気になってるとのことでラーメン部の活動として行って来ました

お店に入るとしっかりと調理された煮干しの匂いが…

よくある濃厚な煮干し煮干ししてる様な匂いと言うよりもしっかりと整えてある煮干しの匂い

濃い、強いって言い方だと勘違いを生むんですが語学力がないので伝えられないけどエグミのないしっかりとした煮干し?

まぁ、そんな感じw

で、食べてもその匂いから色々と整えられてバランスのいい美味しいラーメンに

ただ好みとしては濃厚、煮干し煮干ししてるのが好きなので物足りないかな

チャーシューもしっかりと低温系の調理ねいい仕事してるのですが肉肉しいチャーシューが好きなのでここでもやっぱり物足りなさが

ガッツリじゃないときや〆にはかなり向いてるかな
〆には少し勿体ないかもだけど

かなりバランスもよく濃厚さやらで誤魔化してる様な物でなくしっかりと調理されたものが食べたい時には向いてるかも

で、久々に行っためいげんそ



前に行ったのは結構、前なのですが炙りチャーシューなんてあったかな?と思い濃厚炙りチャーシューつけ麺に

つけ麺は前とそこまで変わらずですがよくある濃厚なWスープの濃厚さのレベルも上の方で濃厚と謳って問題ないのも

ただ1つ
このチャーシューはヤバかった
この炙りチャーシューだけを食べに行ってもいい位に

濃厚スープにつけると更に…

今までのラーメンの中のチャーシューだけのランクをつけるとしたら一番ですね

また、ラーメン食べに行こではやくチャーシュー食べに行こっとってレベル

いいお店がいつでも寄れる場所にある境遇を感謝しなくてはなと

大袈裟かw

6月は行く時間があまりなさそうなのですが写メ溜まってきたらまた書きます

ではだは~
2017.05.12 らーめん×3
とりあえずささっと

大宮豚骨 一番軒



ぶれてますがそれは置いといてw

濃厚さはもう少し欲しいかなと
〆にご飯を入れてを考えると更にそれはマシたけれども食べやすさって面では良いかもですね
ただ好みはもう少し豚骨も強くて濃厚なのがと
大宮で自分が行った中で4番手位かなと

で、次〰





ホントは別のお店をって予定だったのがGWの初日で二軒やってなく三軒目のここに
定番の魚介豚骨系
少しタマネギ等が少なめなのか甘味よりもはって感じ
煮干しの後味がいい感じですね
もう少し自分は煮干しが好きなので欲しかったですが全然ありです
北千住で飯ってなったら候補に普通に名を挙げますね

食後の一服に



しっかりとした酸味を感じられるのが好きなのですがここはよかったです



銀星



プライブ前に職場に顔出した後に行きました

安定の魚介豚骨ですがここはthe煮干しって感じですね

これです、好み来たって感じでした
しかも煮干しの粉がテーブルにもあるので更に増せるって好きな人にはただただご褒美です

オープン当初から本屋行くのに前は通ってたんですけどお腹や時間のタイミングが合わず行けず仕舞いだったので行けてよかった

いつまで池袋に通ってなのかわからないけど通うことがなくなるか閉店するまでお世話にはなりたいって思いました

思い出補正あるのでちゃんとした順位にはならないとは思いますがあがら→龍が如しに次ぐ私的三番手に名乗りを挙げてきましたw

結構、今年は行ってますね
この調子で行きたいと思います

ではでは〰
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。