弥の日記~外出、買い物、ラーメン、アニメ、サッカー系~
いままのでのMHF日記から心機一転し普通の日記になりました。よかったらみてください

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近、登山を年に何回か友人と行ってるんですが靴だけが唯一揃えてなくて次までにと思い登山靴を買っておいてました

今まで運動靴で登ってたんだよなとふと、思い…

靴は登山での三種の神器なのにね( ̄▽ ̄;)


で、次の友人との登山までに履き慣らしをしなくてはと思い本日、1人、高尾山に行ってきました

プランとして
9時、家を出発
11時頃、高尾山口駅到着
12時半迄に頂上
30分休憩
1時頃、下山開始
2時半迄には高尾山口駅に
3~4時まで温泉やらお土産やらでブラブラ
6~7時には家に

で、コースですが
登りが1号路から2号路経由で吊り橋のある4号路で1号路に頂上手前で合流し頂上に

下りは飛び石のある6号路で
という計画

ここから記憶&写メの時間計算ですが…

実際、まず電車が調べてたのより1本早く約15分近く早く高尾山口駅到着


お手洗いや登る準備を済ましケーブルカーの前に10時50分頃、出発



ほぼノンストップに登り吊り橋に11時20分頃、到着




頂上が11時38分前には写メの時間的に到着

頂上の写真待ち考えなくても記憶&写メの時間計算では50分かからず頂上に着いてるみたい








で、下り始めたのが12時5分









飛び石や途中、野性動物にも遭遇


ケーブルカーの所までが12時30分台だったので40分かからず下山

高尾山口駅の横(前に来たときあったっけか?)の温泉入って二時過ぎの電車にて帰宅で家に着いたのが3時40分頃

約2時間から3時間は当初の予定より早くなりましたね

靴慣らしメインだったので調べたりはしてましたが準備も前日の深夜に行い少し弾丸感を出してみたんですが少し物足りなさはありましたね

久々だったのと1人でだったので登りは少し体力や精神面では不安はありましたが一時間も登ってないのでそこまで心配することはなかったかな

靴もですが自分の足の形が少し特殊(超絶扁平足&くるぶしがおなしな位に大きい)なのでお店での履き慣らしだけでは買ってから失敗ってこともあるのですがそれも大丈夫でした
次の友人との登山もこれで道具はヘッドライト以外は日帰りとか軽登山で必要な物やら揃ったので本番じゃないけど友人との登山が楽しみです

そこまで見所や見せ場、物語性もないのでまぁ、登山したよ程度のblog内容ですがそんな感じで

遠出、書いてないけど結構してて写真とかの関係でblogにするのめんどくさくて書いてないですがまた書く気なったら書きますね

ではでは





スポンサーサイト
タイトルそのままです

写真NGマークが衣装の所だけでしたのでそこ以外数枚、撮ってきました

原画系はキリがなさそうなので撮ってないですが(汗)







ちゃんと撮れてたのがこれくらいですね

平日なので列はなかったですが人も多くて人気が伺えましたね

最後の写真のバーのやつは結構お気に入りです(笑)

少し残念なのが案内不足なところかなと

手に触れちゃダメなマークと写真ダメなマークがあまり分かりやすくなってなくて衣装の所で入口の方から見て入った人には写真ダメマークが奥になってて気づかずそのまま撮ってる人が多くそれをスタッフもなんの対応もなしなのが管理の面で残念

仮にも預かって開いてるのでもう少し対応をとも

全部写真可にしてほしかったとも思うけどそこはしょうがないか

二回目?のごちうさ展だと思うのですが前回に引き続いて普段は見れない原画やら衣装、先行グッズに看板とかなり小スペースながら楽しむことが出来ました

グッズがタイミングの関係か無いものもあり残念でしたが興味のある方は行ってみてはいかかでしょうか

他の方がもっと多く写真載せてる方が居るので参考にネットサーフィンで行く前に現地の確認とかもしたり二期を少し見返したりしたらもっと楽しめると思いました

ではでは

いつもの三人でお花見ついでにスカイツリーまで散策してきました

花見1


花見2


花見3


花見4


花見5

水上バスからの景色

花見6


花見7

墨田川からスカイツリーへの道のり

花見8


闃ア隕具シ托シ農


花見9

ツリー丼で有名な地元の老舗かみむら

花見10


花見11


花見12


花見14


夜景

花見16


花見18


ざっと写真だけで
約10ヶ月くらい前のを思い出しながら書きます

なが~く電車に乗って行ってきました

まずは芝桜

秩父1


秩父2

ちょっと時期が満開時ではなかったんですが見事と言う一言につきますね

これだけのために行ってもいいって思える位に凄かったです

そして、そのあと「あの花」の聖地巡り

秩父4

秩父5

秩父3

秩父6

レンタサイクルを借り色々、回りました

腹ごしらえでのらーめん

麺屋 たつみ 喜心

秩父11

鶏白湯魚介のスープ
海老の風味が凄く特徴的な感覚がありましたね

そして、あの陸橋へ

秩父7


秩父8


秩父9


秩父10

色々、回りましたがとりあえずよさそうな写真がこれくらいだったのでこのくらいで
昨日ですがいつものメンバー三人と川越に七福神&小江戸巡りに行きました

初、川越だったんですが結構、歩き回りましたね

七福神巡りで最初、妙善寺、天然時に最初、行きました

その間にですが

川越1


ここじゃないと思うけどSAOに出て来た神社っぽい場所があったんでね

名前は一応、氷川神社だったのでね
違うとは思うけどね

その毘沙門天、寿老人を廻り駅に戻ってクレアモールを散策中


川越2

なんか、いたよね・・・

いや、気のせいか

クレアモールにはいい古着屋もあってバーバリーの狙ってるマフラーやらもあったけどまだ散策開始してで買物はと思い今度にね

そして、昼過るかって頃に埼玉いや、関東でも指折りの人気らーめん店、頑者に行って来ました

頑者1


頑者2

結構、列が出来てましたね

完成度の高い魚介豚骨ってこういうのを言うんだなと思いましたね

最近、人気の濃厚さがウリじゃないけどバランスが取れていて物足りなさを補って余ってる感じでしたね

物足りない人も多いかもですがこの完成度はかなりの魅力でよかったですね

麺とスープで少しギャップがあったのが残念なとこですがバランスはかなり他店と比べても取れるように思います

リピートしたい店って感じです

残りに七福神を廻りながら大正浪漫夢通りやら蔵作りの町並を堪能しました

蔵造りの町並で一部ですが電柱を地中に埋め込み情緒のある町並になってましたね

川越3

川越4

川越5

川越6

駄菓子屋横丁

川越7

川越中ノ門堀跡

川越10

川越11

駄菓子屋横丁と川越中ノ門堀跡の間の39号の通りに発泡スチロールアートがあったんでちょい

川越8

川越9

そして、川越氷川神社

川越12


凄く絵になる場所を見つけたのでパリャリと
なんかジブリにも出て来そうな細道で雰囲気出てましたね

川越13

川越本丸御殿

川越14

そして、恵比須天、大黒天、喜多院をだったんですがこの時には4時は回っていて寄りはしたけど参拝はできませんでした

ま、これはまた次回行く機会あったらね

そして、小江戸蔵里って言う川越マップにも載ってる大きなお土産店を寄ってから六時回ったくらいに川越でうなぎが有名とのことで小川菊と言ううなぎ屋さんに行って来ました

川越15

一緒に行った友人曰、日本うなぎは絶滅危惧種にもなり食べれなくなる日も・・・

やっぱりこういうお店で食べるうなぎは凄く柔らかく箸でも簡単にほくすことが出来、しかもふっくらとして美味しかったですね

ここもリピートしたいと思いますね

最後に川越温泉に行って来ました

凄くホカホカになりましたね

寝るときもまだホカホカでしたね

今回は何故か友人同士、オタクっぽく名を呼び合ったりブラリ途中下車の解説者が出てきたり「余裕っす」のナマイキ後輩キャラが出てきたりカオス回でしたね

電車に降り遅れたりの一発ネタより使い回せる系の小ネタ日和でしたね

そんな感じで~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。