弥の日記~外出、買い物、ラーメン、アニメ、サッカー系~
いままのでのMHF日記から心機一転し普通の日記になりました。よかったらみてください

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと時間が出来ましたのでやっとこさサッカーに関して書きたいと思います

まず、現段階、怪我人などを考慮ぜずにザックがベストと考えているであろうシステムとメンバー
4-2-3-1

        前田 遼一

香川 真司  本田 圭佑  岡崎 慎司

    遠藤 保仁  長谷部 誠

長友 佑都           内田 篤人
    今野 泰幸  吉田 麻也

       川島 永嗣


ちょっといい素材がなかったので列とかで調整して(ずれててもしらん)

現在ならディフェンスが宏樹、高徳
中盤に細貝、、憲剛、清武、乾辺り
前線、ハーフナー

と、言うのが交代含めて安定しているメンバーかと思われます

ここでまず第一に

このメンバーで絶対に交代として考えなければいけないのが内田です

彼のプレー自体はおいておくとしてもただスタミナの点を考えるとSBの遜色ないバックアッパーの重要性が問われているのがずっとです

確かに後半からで試合時間経過している中の交代ですと運動量が現在サッカーで一番のポジションなので前半からの内田に比べて高徳、宏樹、駒野などでも補えるとは思います

ただそこが問題でもあると思います

現在、長友が脅威の回復で怪我から復帰しましたがこちらのポジションも考えますと層よりの質の高い内田、長友を食うまでいかないまでも前半から二人じゃなく怪我などない状態で試してという考えにはザックはなれない状態なのかと
そして代表と言うクラブとは違う存在にイタリア人特有の戦術への価値観や質だと思います

まず宏樹

彼の武器ですが日本人SBとして恵まれた体格でのフィジカル、ただこれ自体は長友には劣るかもですが内田には勝ってます
そして、よく言われる最大の武器、高速クロス
人に合わせるのではなくスペースに出すイメージですね
サイドを駆け上がる前のスペースから上げることで相手DFが整う前に回転をかけDFとGKの間に落とすことにより相手の反応が遅れたりしてまうと言う特徴もあります

これだけみれば内田を越えているようにも感じますが何点かザック、または代表戦、ハノーファー、柏時代から見てての感じたこととして

まずフィジカル
Jでやってきた中でかなり本人も確立した自信までいかなくても強みとして思ってたところがあると思います
ただ彼が現在いるブンデスリーグ
この国のサッカー番組では当たり前のように対人戦の勝率を対比したりするリーグです
その中で彼のフィジカルはJと同じように通用するか
これは試合を見てる人しかわからない結論ですね
もし対人相手と同じレベルとしても今までのJで通用したプレー精度が今の彼の課題そのものかと私は思っています

またあとでこのプレー精度は別で書くとして
もう一つの武器、高速クロス

確かに相手DFとGK前に出すことにより反射的に遅れたりコーチングの行き違い等でも相手に思考の時間を与えられたり早い段階でのクロスにより裏を取られることが少なくはなりますが問題はこれに反応する味方選手

この手のクロスは点、線、選手に合わせると味方も反応しやすいけど相手も対応しやすいので攻撃としては効果的です
ただ代表と言うクラブとは違うカテゴリの中でこのクロスに対応するだけの時間にこのベストメンバー
1トップが寿人、李などならまだしも実践での例も少なすぎでしかも代表戦で出場時間も少ないのもですが高速クロスを上げるシーンが少なすぎで武器ではなくなっています

前に徳永が代表SB時代、彼のクロスも特徴的でしたがあの時は実践も結構あってチーム内でも意識を持ってました(すぐ長友にレギュラー奪われたけどw)
あとは代表戦での連携不足からの守備の軽率さもザックには印象が…なのかもですね
ただ彼の恵まれた体格でここは連携と軽率さがなくなればこれから日本のSBを支えられるようにも思えます

もう少しバックアップのプレーをチーム内に認識、意識させることが必要なのが残念な所かと

ザックの采配として簡単にですが選手のスタメン、交代等はある程度、戦術などの認識を高めてと考えがあって出場選手もかなり交代含め怪我でもない限り試合にでれすSB以外もですがバックアッパーの層が薄くなっているのが現状です

彼自身、ドイツでももっと自分のプレースタイルをチームメイトにしってもらうのも重要ですがそこが疎かでも出来ることがあると思うのでこれから頑張ってほしいですね

そして、もう一人の酒井に行きます

高徳の長所
それはなんと言っても両足、両サイドでもプレー可能で積極的な攻撃参加
積極的な縦への突破ですね
パスを繋いで駆け上がれるのもでかいかと
フィジカル自体もドイツとのハーフで長友に宏樹までいかないまでも内田には勝ってると思われます
左右どっちも遜色ないってのはかなり大きな武器です

こちらもこれだけ見れば内田と遜色なく問題なく長友のバックアッパーとして問題ないです

ただ内田、長友と比べると明らかな守備面での不安
確かにドイツ行って改善はされてますがまだ長友、内田を下げてでもザックは戦術理解を高めさせたいと思うまではいってないのかと
試合展開や相手、怪我人にもよりますがザック的には4231の3のポジションで試すオプションのが守備を考えも持たれているのもあるかもですね

あとはアルビ時代にはあまり相手を削ると言うシーンがあまり見られなかったのが自分は
結構前からSBから攻撃、守備などが始まると言うサッカー界の潮時を考えたら…

ただ最近は宏樹もコンディションを落として長友の怪我、内田のスタミナでの交代策対策もありザックも高徳には少なからず期待はしていてチャンスなのかと思えます

少なからずこの二人が現時点で呼ばれてる中では今後のザック後含めSBからのサッカー理論を考え将来を明るくしてくれることを楽しみにしていきたいですね


ザック采配の関連を書いてから各ポジションの現在を書いたほうがわかりやすいことに半分以上書いて気付いたんで次回はザック采配について書こうかと

多分、他のサッカー記事書いてる人の見たほうが参考になるかと



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanemhf.blog136.fc2.com/tb.php/19-575566f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。