弥の日記~外出、買い物、ラーメン、アニメ、サッカー系~
いままのでのMHF日記から心機一転し普通の日記になりました。よかったらみてください

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
まずブラジル戦から振り返りたいと
ブラジルは日本の攻撃にたいしての守備で意識を持ってたことがあります
まず前を向かせて持たせないようパスのだしどころへのプレッシャー
ここは奪いに行く勢いだけど絶対に抜かれないのを第一に
ハイプレスと言うよりしっかりボールへプレッシャーをかける意識
バイタルへの侵入を防ぐ、またはスペースの潰し
これによりカウンターやミス以外でのセンターでの日本がやりたい連動性を切断もしくはサイドに分散
サイドに分散しても個で抜かれないようにしていれば中にはシウバとルイスがいるのでこの日のワントップ岡崎では怖さがなく本田もこのポジションでそのような体の張り方ではミス又は相手の隙を付かないと難しい展開でした
サイドもブラジルの攻撃を防ぐので手一杯になり素晴らしい活躍の内田も攻撃面での評価になるとそこまで

こうなったときの日本の戦術はより連動性を高めるよう攻撃面を考えて清武だったのだがこの日はスタメンで逆に相手への軽いプレッシャーでバイタルの前のエリアを自由に与えすぎてしまっていた
日本はネイマールのゴラッソでの早々の失点でより焦りもあったのかこのスペースを更に自由にさせてしまっていた
ただ救いとしてバイタル自体はなんとか危なげだがしのぎサイドでは内田が素晴らしい活躍でシャットアウトしていたおかげもありそこまで大きな穴にはならないように見えてしまっていた
日本はそのまま連動性を取り戻し高めるためにほぼそのままのメンバーで後半も入ったが開始早々にバイタルでのプレッシャー不足により二失点目
ここで中盤のプレッシャーの軽さをやっと懸念してか清武をさげ前田に変え中盤のプレッシャーを少し取り戻したがすでに遅し
しっかり対応されエースの本田が下がって試合も終わると思った頃にトドメの三点目
この日の先発で多分だが岡崎の抜け出しを期待してのスタメンだったのだろうがそこが穴になってしまった
また、そこのスペースに岡崎だけでなく指示でかもしれないが本田が入れ変わる形が多く更に中盤のプレッシャーを欠く結果になってしまっていたように思えた
日本はこの試合、後半開始から前田と清武を変えいつもの形に始めから戻すなり中盤のプレッシャーを加える為に前はそのままで遠藤と細貝もその時点で考えてもよかったのではないのではと
あと、考えられるのはミドルやアーリーでの最終ラインやそことGK間のスペースへの普段とは別なアプローチの少なさもブラジルには怖さを感じされられない原因だったと思う
ミドルは少ないが何本かあったが苦し紛れとしか言えず効果的でなく手詰まりにしか感じなかった

そして、先発を普段と戻し望んだイタリア戦

ブラジルほどイタリアはプレスが少し緩かったのとどこで奪うかの意識が低かったせいか中途半端な前からのプレスにより日本の連動性と上手く噛み合い日本の望む形で試合が始まっていき判定の運もよく岡崎が獲得したPKで先制
追加点も決めこのまま前半が終わると思った矢先、イタリアのCK
見た感じはただのマークミスに見えるけどよく見るとキッカーのピルロが普通なら副審がセットしたボールを自分でおき直すがそれを省き少し早い段階のキックから少し遅れたマークからの前半終わりでの失点(この考えが失点の原因でもあると考えられる)

後半の入り方、自体は悪くなかった日本
しかし前半ほどボールが持てなく付いていけないシーンも出てきた矢先の二失点目
確かに吉田がクリアなり体しっかり入れさえすればいいだけのシーンで片付けたら簡単なことですがその前のこぼれ球を拾ったピルロのヘッドのパスを誰も寄せておらずフリーで出させ唯一反応出来てたのが吉田
一連でも内田のOGも居なければ詰められてて決められていた
又も開始での失点
これに慌てたか少し押し込まれ気味になったとこでのハンド
運と流れに嫌われたと言ってもいい展開
最終ラインでの判断ミスと立ち上がりの重要さを二戦続けて結果として叩きつけられた内容でした
この時点からイタリアはしっかり中を固め日本をシャットアウト
FKから岡崎が同点弾を決めるも流れでは固められてから何本かチャンスを作るが絶対的決定機も決めきれず

終始固められた前のスペースで繋ぐだけしか出来ずマークのズレを付かれ四失点目
途中、ハーフナーを入れたが高さを生かす以前に足元でも試合に上手く入れず…

確かにハーフナーはポストタイプではないが足元でもそこまでで未だに存在を見出だせるサッカーを日本は
出来ないのが現状

この二戦の敗戦で学ぶことと絶対にしてはならないことをしっかりこの二つの国が日本に教えてくれたようにも感じた
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanemhf.blog136.fc2.com/tb.php/21-22ee04cd