FC2ブログ
弥の日記~外出、ラーメン、サッカー(栗鼠中心、マドリー、日本代表)~
行った覚えがラーメンや遠出、登山、そして、気が向いたら見た試合をTwitterで呟いた事と連動させて試合を振り返りたいかなと

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年を明け本日、新体制発表がありました

ここで昨年のクラブとしてでなく個々としての自己評価をと

5段階だと良し悪しが分かりにくいので10段階評価として

まずは監督編

渋谷さん
2
キープ力がありタメを作れ前に運べ点も取れる二人の放出に茨田、大前、瀬川と違うタイプの加入で改変を求められる中でプレシーズンから新たな形が見えずそのままリーグが始まり開幕六連敗
チーム状況、新加入選手の見定めが出来ず仕舞いに
ダービーで勝ったことも解任のタイミングを遅らせる事になり今思えばあそこで負けてたらもっと危機感を選手だけでなくフロントにもアピール出来たのかもと勝った事さえマイナスに見えてしまう

伊藤さん
3
選手の個性を考えなのか連動性をより求めたがそれにより運動量不足から毎回、試合途中で勢いの失速が目に見えてわかってしまうこと
決め手がなくボールロストに悪さが目立ち寄せの甘さからバランス崩壊してスタミナ切れるまで耐えれば勝てると言う印象を与えてしまった

最初は交代での目新しさとスパイスで運動量で勝れた時にはなんとか勝ち点を拾えたが続くオプションがなく上にも書いたスタミナ切れからの失速感を更に感じるようになってしまった

求めたのは連動性でもそれには伊藤さんの目指す所では運動量も伴っていたにもかかわらず目を瞑りスタミナのない茨田と心中
運動量がありロングスローと言う武器のある岩上や在籍も長く連動性をより求めるにはうってつけの横谷をベンチに置くことが多く選手の見定める力にも疑問しか残さなかった

新加入選手のフィットにも失敗し降格まっしぐらになってしまった

石井さん

流石に3試合では判断がまだまだ出来はしないものの起用用には疑問も多く今季も率いてとなると開幕数試合はしっかりと見定めなくてはと思ってしまう
マルセロのボランチ起用に試合感のないアーリアの適正はあるが一番の場所かは…の前線起用
他にもあるが続投ならとりあえず今季の開幕数試合までにどこまで変化してるかが最初の評価を出す時期かなと

戦術どうこうもだけどまずは共通したマイナス面はまずはどうやって点を取るかが見えてこなかったこと
どんなに中盤の構成力が上げても(上がったかは置いといて)前である程度は取れなきゃ戦うのは厳しいのは当たり前
そこで攻め手がなくてはあとは失うだけで相手にいい攻撃をスタートさせてしまうだけ
しっかり決めれなくてもフィニッシュさせる攻撃が出来なかったのが一番の失敗
そして、球際、寄せも遅くて甘かった
それでは90分あるなかでいつかやられるのが目に見えていた

石井さんにはしっかりと終わりがある攻撃をチームとして出来るようにしてほしい

長くなるのでとりあえず監督はここまで

次は選手を
まずGK

加藤
5,5
序盤は塩田とスタメン争いをしたりで正GK争いで出たり出なかったりだったが途中からはずっと正GKでチームを何度も救う今季のチームMVP候補
危なげないプレーもあるが大宮に来てからは昔みたいな曖昧、中途半端なプレーも減り居なかったらもっと早く降格が決まっていたかもしれない
ただ本来ならシーズン通して怪我や累積以外で出場出来てないと言うのは今後の期待として0,5マイナスに

塩田
3
シーズン開始時はスタメン争いをしていたが昨年程の安定感を見せられず期待外れなシーズンに
ポジショニングの良さも速攻を喰らうことも昨年より多く瞬発力で加藤、松井に劣る面から必然的に第二GKに
ただ加藤の怪我や累積を考えても塩田が居ると言うことは一つの安心感にも繋がってはいるので少し高めに

松井
4
加藤、塩田に続いて第三GKでこのレベルの選手が在籍してくれていることはかなり大きく監督交代で出番が来るもその牙城は崩せず
それでも存在感は示してくれたのはと思い少し高めに

GK全体としての今季の評価はただJ1全体としては層はあるが実力を含めたら真ん中位にあたると思う
加藤が奮起してくれた試合が多かったのが印象的だった

DF
菊地
3.5
ディフェンスリーダーとして最低限はやってくれたが厳しい内容の中、怪我で留守にすることも多くまたバランス崩壊した中盤やサイドを無理にカバーしようと前にサイドに自分のポジションを離れそこを突かれる事も多く空回りすることも
もっと出来ることを知ってるからこそ厳しくなってしまうがそれでも強さや経験はチームを助けることもあり評価点をここらへんに

河本
3.5
強さに経験と出たらある程度は示してくれたがいかんせん離脱が多かったのはチームとしてはかなり痛かった
菊地に河本、二人とも居ないとなると柱となるCB選手が若手でまだまだ不安が残る事も多くここらへんに

山越
4.5
まだディフェンスリーダーとしては物足りないがJ1でもある程度はやれることは示してくれた
怪我も上の二人に比べ少なくチームで一番いい経験が出来た選手なのかなと
強さはチーム1なのでもっとそれを生かせるようになれればと上の二人をそろそろ脅かして万全な状態でもスタメンになれると思うので期待を込めてCBで1番高く

高山
3
成長は見えたがそれでも第4CBの座のままなのが物語っているシーズンに
経験不足もあるが去年、一昨年みたいな目も当てられないシーンも少し減り昨シーズン開始時より期待値は上がってはいる
SB起用もあったが台所事情によりで評価としては省くがそこで明らかなスタミナ不足も露呈したので一つの課題として90分戦える選手になってほしい

渡部
4
開幕前から奥井のバックアッパーという扱いであり最後までそれは変わらなかったが怪我やらで出場が出来ない時はタイプが違うので同じ役割としてではないが最低限以上はこなしまた逆サイドも少ないが内容だけみたら奥井だけでなく和田と両方のバックアッパーとしても数えられ貴重なピースではあったがこのチーム状況でそれでも牙城を崩せずバックアッパーに留まったので4に

和田
4.5
毎年恒例の怪我を考えても個人としては出場も多く左SBの第一候補は譲らずある程度はいいシーズンだったかと
タイプとしてはSBと言うよりWBなのでディフェンス時、裏を突かれる事も多く恐さがあるがそれでもいるといないとではな一人
恒例だが怪我とチーム状況で本来の力を出し切れなかったと思い評価もここらへんに
今季は居ないのが少し残念

大屋
2
怪我の多い和田の代わりは絶対で途中で移籍した沼田に攻撃面やスピードで劣るが安定感にしっかり上がったりとポジショニングではある程度、優り開幕当初はスタメンだったが和田の復帰や沼田の存在から結果を残せず途中で移籍した沼田の半分以下の5試合と不甲斐ないシーズンに
バックアッパーとして去年はよかっただけに残念の一言

奥井
4,5
から回る事もあるがそれでも勢いのあるプレーでサイドから上下に頑張ってくれたがそこに去年一昨年までのSHの相方が江坂、横谷でなく茨田とタイプの違う選手でフィットせず空回りが多いモヤモヤしたシーズンに
もっとチームが戦えていたらと

全ポジション、途中で移籍や出場が少ない選手は省きます

で、MF

大山
3
一昨年のシーズン終盤の勢いはないにもかかわらず倍以上の出場数で得点アシストとほぼ同じ数字は本人も物足りない所ではないはず
途中加入のカウエの存在や茨田のボランチ起用が増え終盤はベンチを温める事も
もっと攻守で試合に絡めるようにならないと今季は更にきついかもしれない

横谷
4
江坂を前線に上げたことでレギュラーは確定と思われたが大前、茨田で厳しいシーズンに
リズムは一番作り出せたが何せチャンスが少なく厳しい状況を打開出来るだけの力はなくただただチーム事情に巻き込まれた形に
もっとこの人を生かせたらもう少しは変わっていたかもしれない

マテウス
6
ホントはもっと高いがチーム状況が状況なので
この人が居なかったらもっと早く降格が決まっていたと思われる選手の一人
どんな時も諦めない姿を一番示してくれた選手
危機感で空回る事もあったがそれでもこの人が居たら何かしてくれると唯一思わせてくれた

金澤
4
埼玉ダービーの影の立役者も幅を利かせられるプレーエリアが狭く守備では大事な駒だがチーム状況としては今年はそういう選手を必要とした年ではなかっただけにいいチームに居たらまた違った結果を残してたんじゃないかと
それだけに出場数は少ないがこの評価点で

アーリア
2.5
中盤に前線と色々とプレーしてくれたがどこもフィットせずチームの状況を物語る選手の一人に
そもそもここまで出場数が多いのが一番の驚きでもある

カウエ
5
途中加入ながらのこの出場数
まだまだチームとして連係もだしJにも対応出来ていなくレフェリングにも苦しみ累積や退場も
ただセンスや強さは一人ずば抜けているだけにどうにかフィットさえしてくれれば1、2を争う位に期待出来る選手

茨田
3
センスはあるが仕掛けやスイッチを入れて欲しい選手なだけに印象に残ったのが埼玉ダービーのゴールだけでアーリアと同じでチーム状況を物語る選手の一人と言っていい
リーグ中盤から終盤はシーズンを戦うだけの体力、90分を戦うスタミナのなさ目立ち連動性を求めた伊藤監督時の中盤のバランス崩壊の原因にも
ポジショニングの悪さをより目立ってしまった
失敗が多くてもいいからもっとオンザボール時、攻めた選択肢をしてくれればロスト時のポジショニングの悪さや印象も変わったと思う
加入時の契約で出場数かスタメン確保が付いてるからしょうがなく出してるとさえ言われてしまった位に残念なシーズンに

岩上
4.5
なんでこの選手がもっとスタメンで出れなかったのか不思議でならない
特に連動性をより求めた伊藤監督は初の今季の連勝時もこの人が居たからで茨田、横谷程のセンスはないがスタミナも上の二人よりありロングスローと言う武器は唯一無二で伊藤監督が何故に使わなかったのか不思議でならない


で、FW

瀬川
4
怪我での離脱が大きかった
万能アタッカーとしてスピードも得点力もあっただけにチーム事情としてもサイドに前線と活躍の場が多かっただけにオプション一つが丸々なくなってしまう位に
終盤やっと出れるようになったがボロボロのチームでは後の祭り
もう少しサイドより前で使ってあげたかったなと

清水
3
カップ戦でそこそこ活躍したがリーグではそこまで出れず不完全燃焼
江坂より清水のが適正としては前線は合っていたと思うだけにもっとちゃんと使って貰えたらとただただ…

大前
3.5
起用法に泣かされたシーズンかなと
渋谷監督時は前線、伊藤監督時はSH
渋谷監督時はムルジャ、ネイツのが前線としては役割をこなせたのでスイッチ役としてSHのが向いていたと思うし伊藤監督時はフワフワすることも多く4141は難しい感じに思えた
CFタイプじゃなく横も同じくで少し役不足感はあったので適正を見極められる監督に使って欲しかった

江坂
2
チーム得点王だがそれも最下位のチーム
前線で使うにはキープは出来るがポスト役としては役不足
それに前を向かせてプレーさせたらな選手に後ろを向かせるように預けてなんて事をあれだけさせたらこうなるのも分かってるはずなんだけど…
一番、起用法に泣かされ一番、らしさを出せなかったチーム状況を物語る選手の一人
もっと出来るだけになんとかしてあげたかったがそれを許さない起用法は見てて余計に辛かった

マルセロトスカーノ
3.5
言い方は悪いが明らかな劣化版ムルジャ
攻守で動き回ってくれたがムルジャ効果的でなく前線であれだけ使われての得点数ではかった
ボランチ起用もあったりと便利屋扱いも…

個々での評価はこんな感じです


全体的に監督がチーム状況や選手の適性の見極めを出来ずそのまま足掻きもせず落ちていった印象

キッカーも多くある程度、強さもありロングスロー等の武器がありながらセットプレーでは得点も少なく逆に失点が多く目をあてられない一つの降格の原因に
練習してますか?って何度かTwitterでキレた覚えがある(苦笑)

こんな状況なのに危機感を感じてくれる選手もほぼいず悲壮感を感じさせてくれる選手ばかりでメンタル系のカバーはどうなってるのかも不思議でならない

失敗してもいいからもっと攻めの姿勢を示してくれる選手がいなければJ2でも戦えたもんじゃない

ここからキャンプやら始まるがしっかりと戦えるチーム作りを取り組んでほしいです
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amanemhf.blog136.fc2.com/tb.php/74-8adba2d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。